自分スタイルで進む整体師への道

どんな資格が必要なの?

整体師の資格は「国家資格」ではないため、開業・就業に必ずしも取らなくてはいけない資格はありません。

つまり、整体師になるのに整体師の資格免許はいらないため、名乗るだけでもすぐに「整体師」になれるのです。

整体師になるための資格は不要

しかし、法律上は問題なくても、仕事として整体師をするのに資格を持たないままでは難しいことも事実。

そのため、多くの方は整体学校に通い、生理学や解剖学、病理学など基本的な医学知識や、整体の手技手法などを実習から学んで取得しています。

知識や手技をしっかりスクールで学んだあとは、卒業と同時に民間資格を取得して就職する、というのが一般的な流れ。

なかには、整体院やマッサージ店で働きながら学校へ同時に通い、資格を取るという方もいます。

実力を証明する「民間資格」は必要不可欠

整体師になるのに資格は必要ないと言いながらも、学校へ通って資格を取らなくてはいけないというのはなぜか。

それは就職時でも「整体師を求める」と出されているのに、資格が何もないと自分の実力を証明できないからです。

整体師として職場で働く、開業するのなら、学校へ通い「民間資格」を取得するのは、必要不可欠といえるでしょう。

また、通信講座でも整体師の資格を取れますが、整体という特殊な技術を津真だけで学ぶのは難しいもの。

基本的な知識を学ぶのには便利でも、実践経験や実際に患者の身体や悩みに触れる感覚などは、学校でないと学ぶことはできません。

「仕事としてやっていきたい」「開業して成功したい」と考えている方は、最初から選び抜いた学校でじっくり確実に技術を学んでいくことが、整体師への一番の近道となります。

 
東京のおすすめ整体学校ガイド